ヒロポンの100(一条流がんこラーメン 総本家)

2017.06




家元のラーメンが無性に食べたくなって

一条流がんこラーメン 総本家 (1) 


朝早くからこちらへ(笑)

一条流がんこラーメン 総本家 (2) 




『一条流がんこラーメン 総本家』さん




一条流がんこラーメン 総本家 (3) 


ワクワクしながらオープン待ち

一条流がんこラーメン 総本家 (4) 


店内では家元が甲殻類を粉砕しているのが見える




いい匂いがしてきた♪




オープンするとあっという間に満席




家元がラーメンのプレゼンをしながら調理を開始




今回オーダーしたのはこちら

一条流がんこラーメン 総本家 (5) 


100

一条流がんこラーメン 総本家 (6) 


すげーっ 丼の上が賑やかだ!!




肉・肉・肉 ♪

一条流がんこラーメン 総本家 (7) 


手羽も乗ってる

一条流がんこラーメン 総本家 (8) 




一条流がんこラーメン 総本家 (9) 





「100」はダシ100%でかえしは使っていないメニューとのこと




そしてアナウンス通り今日はヒロポンスープだそうだ




スープを啜ると

一条流がんこラーメン 総本家 (10) 


強烈な旨みが押し寄せてくる




しっかりと塩味もある これホントにかえしが入ってないの?と思うくらいだ




スープを一口啜るたびに強い後味にため息が漏れる




やっぱ旨いわぁ~♪







この麺もがんこの魅力 黄色くて芯が多めに残ったゴワッとした麺

一条流がんこラーメン 総本家 (11) 


麺量たっぷり♪

一条流がんこラーメン 総本家 (12) 




一条流がんこラーメン 総本家 (13) 








初めて頂いた「ヒロポン」




めちゃくちゃ旨かった♪




「次回はかえしを入れて頂いてみたいな~♪」







一条流がんこラーメン 総本家

https://ramendb.supleks.jp/s/33468.html
スポンサーサイト

ガッツリぶためん(飯田橋大勝軒)

2016.12


オススメを頂いていた早稲田のお店に向かうも


早じまい |||Orz|||


近くに人気のお店があるんだけど


二郎系を食べる気でいたからどうしてもその系統が食べたいなぁ





というわけで飯田橋まで移動
飯田橋大勝軒 (1) 

古くからの麺友さんにずっとオススメを受けていたこちらへ
飯田橋大勝軒 (2) 



『飯田橋大勝軒』さん
飯田橋大勝軒 (3) 

お目当てはこちら♪
飯田橋大勝軒 (4) 

店内に入ると1席だけ空席があった
飯田橋大勝軒 (8) 

入り口付近のカウンターはめっちゃ奥行きがある
飯田橋大勝軒 (5) 



まずはビール
飯田橋大勝軒 (7) 



そして別皿でお願いしたニンニクが到着
飯田橋大勝軒 (6) 

程なくサーブ




豚麺(肉2枚 めん ふつう) 800円
飯田橋大勝軒 (9) 

トッピングは食券を渡す時に告げるシステム


今回は「背脂 ニンニク別皿でお願いします」と告げた
飯田橋大勝軒 (10) 



スープは透明感のある動物醤油スープ
飯田橋大勝軒 (11) 

油が細かい玉状になってスープを覆っている


若干甘みがあり動物のダシ感もしっかりあって旨い♪


それに背脂を溶くとさらに旨みが上がっていい感じ♪
飯田橋大勝軒 (14) 



麺は激しくうねった極太麺
飯田橋大勝軒 (12) 

芯が多めに残っていて「麺喰ってるぞ」という満足感が得られるかための麺


豚がデカい!!
飯田橋大勝軒 (13) 

脂身はしっかりだけど若干水分量が少なくて咀嚼していると口の中の水分を奪われるタイプ


天地返し(笑)
飯田橋大勝軒 (15) 

麺を箸とレンゲで掴んで引っ張り出しながらガツガツと口へ運ぶ


豚に喰らいつきスープを飲みながら咀嚼する
飯田橋大勝軒 (17) 

途中で別皿のニンニクを少しずつ添加


食欲が増進して箸が止まらなくなる


そんな感じで夢中で食べ進める


このスープは旨みしっかりあるけど後半まで疲れずに頂ける


野菜はしっかり歯ごたえがあってキャベツの量も多くてうれしい♪


気が付くと残った野菜と背脂を名残惜しげにつまんでいた





東池袋系大勝軒で頂いた旨いガッツリラーメン


オススメしてくれた麺友さんに感謝♪


「これは絶対リピートしたくなる一杯だな~♪」





飯田橋大勝軒

住所 東京都千代田区富士見2-12-16
電話番号 03-5213-3119
営業時間 11:00~20:00(スープ終了まで)
定休日 日曜日(年末年始およびお盆に臨時休業あり)

ラーメン白(八咫烏)

2016.10


〇雄で仲良しになったSY君のオススメで
八咫烏 (1) 

久しぶりに九段下
八咫烏 (2) 

お目当てはこちら

八咫烏 (3) 
『八咫烏』さん


8月にオープンした新しいお店だ


店主さんは独学で味を作ったと聞いた


暖簾を潜って券売機
八咫烏 (4) 

スタッフさんに尋ねると“ラーメン黒”は醤油


“ラーメン白”は塩だそうだ
八咫烏 (5) 

ということでオーダーしたのはこちら
八咫烏 (6) 

とこちら(笑)




ラーメン白
八咫烏 (7) 

琥珀色の清湯スープ
八咫烏 (8) 

表面には油が玉状になって覆っている
八咫烏 (9) 

鶏由来のまったりした旨み


そして後味にじんわり魚介の香り




お店の外に三河屋製麺の麺箱があった
八咫烏 (10) 

全粒粉かな?練り込みの見える低加水ストレート麺


麺肌が粗くてスープを勢いよく吸うタイプ




チャーシューは3種類が2枚ずつ
八咫烏 (11) 

淡泊な鶏やタフな食感のレアチャーシュー そして炙りの香ばしい脂強めの叉焼


食感と風味の違いを楽しめる




シンプルな味わいなので箸休めに三つ葉が有難かった





8月にオープンした新しいお店『八咫烏』さん


「やさしい味わいの清湯ラーメン ごちそうさまでした♪」





八咫烏
住所 〒102-0073 東京都千代田区九段北1-9-2
電話番号 03-6256-9929
営業時間 11:00~21:00
[祝] 11:00?17:00
定休日 日曜

はじめての総本家(一条流がんこラーメン 総本家)

一条流がんこラーメン 総本家・家元の一条氏

神保町の『覆麺』さんでマスクを被り「ブラックさん」として腕を振るわれていた頃

博多から来た友人と覆面を被ってお邪魔したことがある(笑)
IMG_1471.jpg 



その時のエピソードはこちら(漫画:あおきけんさん)
IMG_1532.jpg 


2016.06

雨の四ツ谷
一条流がんこラーメン 総本家 (1) 

この界隈はラーメン屋さんが多いんだな~
一条流がんこラーメン 総本家 (2) 


そしてお店の場所がわからず震えていると同行者が見つけてくれた(笑)

一条流がんこラーメン 総本家 (4) 
ここか~


一条流がんこラーメン 総本家 (5) 
『一条流がんこラーメン 総本家』さん


ずっと前から来たかったけどなぜか一見は入りづらい印象があったので

今回は家元と馴染みのある同行者に連れて来てもらった


カウンターは常連さんばかり
一条流がんこラーメン 総本家 (6) 
同行者が家元に僕が熊谷の方から来たと紹介してくれた

熊谷のきくち大将のところもがんこで修業した方だから

家元と少しきくち大将のお店の話題で話すことができた♪




みなさん「悪魔」と呼ばれる恐ろしげなメニューをオーダーしている

一条流がんこラーメン 総本家 (7) 

注文が僕の番になり 家元が

「さて 今日は何を食べる?」と聞いてくれたので

「塩が食べたいです」と応えると

「おおっ 塩ね」と返す家元

お金は先に渡すシステム

お箸はカウンターの下にあると同行者が教えてくれた
一条流がんこラーメン 総本家 (3) 



塩  700円
一条流がんこラーメン 総本家 (8) 

すごい盛り!! これで700円って。。。
一条流がんこラーメン 総本家 (9) 



スープは魚介系の風味が強く塩梅もガツンと強い
一条流がんこラーメン 総本家 (10) 
結構シャープな味わいで後引くスープ

パンチがある味わい



黄色い麺は芯を多めに残したかための茹で加減
一条流がんこラーメン 総本家 (11) 
これがまたスープと合うな~♪


やわらかくて瑞々しいチャーシューに味玉

これらにもしっかり味がついている


かにかまも魚介の強いスープと合う♪


そして塩梅ガツンのラーメン食べた後のお水は最高に旨い♪





家元に昔覆麺に覆面かぶってお邪魔したときのことを話すと


「えっ!?あれが俺だって知ってたの!?」と驚かれてしまってこっちがびっくりしちゃった(笑)




初めてお邪魔した『一条流がんこラーメン 総本家』さん


「黒帯認定も頂いたしまた近々お邪魔します♪」

一条流がんこラーメン 総本家 (13) 




一条流がんこラーメン 総本家

住所 東京都新宿区舟町4-1 メゾンド四谷106 
営業時間 10:30~14:00
定休日 月曜・火曜
臨時休業有り

早朝背脂(ホープ軒 千駄ヶ谷本店)

ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (1)

ホープ軒
ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (9)

僕が初めて食べたホープ軒は大塚のホープ軒
ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (10)

実は千駄ヶ谷のホープ軒に初めて行ったのは結構最近になってから
ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (11)

それ以来すっかりハマってしまった
ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (12)



2014.11

朝の千駄ヶ谷
国立競技場

少し肌寒くなってきたな~

朝日を浴びながら国立競技場に沿って歩く
ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (2)

到着

ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (3)
『ホープ軒』さん

こちらは24時間営業のお店

券売機でプラの食券を買って厨房のお兄ちゃんに渡す
ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (4)


隣にはタクシーの運ちゃん
ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (6)

世間話しをしている間にサーブ

ラーメン 700円
ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (13)


ネギはセルフで盛るスタイル
ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (5)

ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (14)


背脂たっぷりの豚骨醤油スープ
ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (15)

表面に油が膜を成しているので湯気が上がっていないけどスープ肌寒く熱々なので火傷注意(笑)

程よい獣臭が食欲をそそる

卓上のカエシとニンニクを少し添加して食べるのが僕の勝ちパターン(笑)
ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (7)


麺は歯応え強めな太めのストレート
ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (16)

加水低めなのかな? 密度が高くて歯切れが良い麺

熱々のスープから麺を引っ張り出してフーフーしながら啜る

シャキシャキのもやしとバラロールチャーシューに食らいつく
ホープ軒 千駄ヶ谷本店 (17)

最後は名残惜しげに背脂スープからネギをすくいあげてるうちにスープもほとんど飲み干していた




24時間営業で背脂たっぷりのラーメンを提供してくれる『ホープ軒』さん


「早朝背脂 クセになっちやったな~( ̄▽ ̄;)」




ホープ軒 千駄ヶ谷本店

住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-33-9
電話番号 03-3405-4249
営業時間 24時間営業
定休日 正月以外年中無休

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

×GAKU×

Author:×GAKU×
昔は髪を腰まで伸ばしていたメタル野郎
今はブルースシンガーソングライター
南米の連中とチーム作ってフットサルやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヒット数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR