東十条の名店(麺処 ほん田)

2017.06


娘と都内で遊んだ帰りに



東十条で途中下車
麺処 ほん田 (1) 

坂を下りて
麺処 ほん田 (2) 



到着


『麺処 ほん田』さん
麺処 ほん田 (3) 

ここの旨いラーメンとイケメンの本田店主を娘に見せたくて(笑)




食券を買って列に加わり


1時間ほど待ってカウンター席へ

麺処 ほん田 (4) 

まずはビールがサーブ

麺処 ほん田 (5) 


おつまみめちゃ旨い♪

麺処 ほん田 (6) 


そしてラーメンは




中華蕎麦 塩

麺処 ほん田 (7) 

「細麺ありますか?」と尋ねると


「細麺ですかー・・・ありますよ」とのことなので細麺でお願いした(笑)


相変わらず綺麗な麺顔だな~♪


琥珀色のスープはキラキラと輝いてみているだけでも旨い♪

麺処 ほん田 (8) 

鶏由来の旨みと油の香ばしさで箸が止まらなくなるタイプ


やっぱりほん田さんの塩は最高旨いな♪

麺処 ほん田 (9) 

次回は手もみで頂いてみよう♪





そして久しぶりに


つけ麺(魚介風味)
麺処 ほん田 (10) 


麺処 ほん田 (11) 


これまた綺麗に麺が折ってあって美しい♪

麺処 ほん田 (12) 

しっかり弾力があって啜り心地の良いストレート太麺

麺処 ほん田 (13) 


これ以上ないくらいトロっとした濃厚豚骨魚介のつけダレに合う


ゆず風味と魚介風味を選べたから魚介風味をチョイス

麺処 ほん田 (14) 

これがまた魚介強めが好みの自分の嗜好にめちゃめちゃハマった♪

麺処 ほん田 (15) 

この刻み海苔もまたうれしいな♪


豚骨魚介のつけ麺はホントにたくさんのお店が出してるけど


やっぱりここの豚骨魚介つけ麺は自分の中でもトップクラスだ♪


彩りは綺麗だけどチャーシューはレアじゃないほうがうれしいかも





本田店主の笑顔に見送られて大満足でお店を出た


何よりこのお店が醸し出す空気が昔から好きだ♪


「最高に美味しかった~」と娘も満足そうだった


「少し並ぶけどまた食べに来ような!!」





麺処 ほん田

住所 東京都北区東十条1-22-6
電話番号 03-3912-3965
営業時間 11:30~15:00/18:30~22:00
[月・木] 11:30~16:00
※売り切れ次第終了
定休日 水曜日
スポンサーサイト

TETSUのまぜそば(つけめんTETSU 赤羽店)

2017.01



博多から帰ってきたらまず豚骨魚介のつけ麺が恋しくなる



赤羽で途中下車して


赤羽 (1) 


LaLaガーデン


赤羽 (2) 


お目当てはこちら


赤羽 (3) 


『つけめんTETSU 赤羽店』さん


つけめんTETSU 赤羽店 (1) 


つけめんを食べてたくて来たんだけど



つけめんTETSU 赤羽店 (2) 

なんか黄色いボタンの引力に勝てない自分(笑)



つけめんTETSU 赤羽店 (4) 


メンマのお通し頂きながら


つけめんTETSU 赤羽店 (8) 


生ビール


つけめんTETSU 赤羽店 (7) 




つけめんTETSU 赤羽店 (5) 


まぜそば+トッピングチャーシュー 800円 + 300円


つけめんTETSU 赤羽店 (9) 


ニンニクは別皿でお願いした



豚が存在感あるなー


つけめんTETSU 赤羽店 (10) 




つけめんTETSU 赤羽店 (11) 


まずは麺を引っ張り出す


つけめんTETSU 赤羽店 (12) 


うねった極太麺は麺肌ツルツル



芯がかなり多く残っていて「固い」麺



別容器のタレをかけると


つけめんTETSU 赤羽店 (13) 


中から生卵が出てきた


つけめんTETSU 赤羽店 (14) 


背脂たっぷり


つけめんTETSU 赤羽店 (15) 


親の仇の如く隈なくかき混ぜる(笑)


つけめんTETSU 赤羽店 (16) 


もう少しジャンクな味わいになるかなと思ったけど



めちゃくちゃオイリーながら結構マイルドで塩味も少なくやさしい味わい



振りかけられたかつお節とネギで若干“和”な風味




つけめんTETSU 赤羽店 (17) 

豚も「固い」印象



別皿でお願いしたニンニクや


つけめんTETSU 赤羽店 (18) 


卓上のペッパーなどで少し刺激を加えながら頂いた


つけめんTETSU 赤羽店 (19) 



食べ終えてスタッフさんに挨拶して店を出ようとすると出口まで見送ってくれた



終始ホールスタッフさんは好印象だった♪









ガッツリ系がコンセプトのメニューにしてはやさしい味わいで激しい味が苦手な方でも頂けそうなまぜそばだった



たまにはこういうのもいいかもー



「次回はつけめん食べるぞー もちろん特盛で(笑)」









つけめんTETSU 赤羽店


住所 東京都北区赤羽2-16-1

電話番号 03-5249-1414

営業時間 11:00~23:00

定休日 無休

つけそば(麺 高はし)

2016.11


午前の赤羽駅
赤羽 (1) 

朝の赤羽の街は夜とは打って変わって寂しい
赤羽 (2) 

赤羽 (3) 

学校の側は万国旗がはためいている
赤羽 (4) 

到着したのはこちら
麺 高はし (1) 

『麺 高はし』さん
麺 高はし (2) 

以前から“ライダーマン”さんのブログで気になっていたお店だ


店内に空席があったので店に入りコップに水を汲んで椅子に座る


ご主人がすぐにオーダーを聞いてくれるので「つけそば」と告げ


手際よく調理するご主人をぼんやり眺めているとサーブ


「写真撮ってもいいですか?」と尋ねると快諾して頂いた




つけそば 600円
麺 高はし (4) 

シンプルな麺顔だ
麺 高はし (3) 

麺は開花楼
麺 高はし (6) 

芯を多めに残した茹で加減のゴワッとした麺
麺 高はし (8) 

一言でいうと「かたい」


好みは分かれそうだけど


開花楼の麺は風味も良いし個人的には好きな食感だ




つけダレはさらりとした粘度
麺 高はし (5) 

油が強く塩梅は抑え目


つけダレを撹拌すると若干塩味が上がる


卓上の玉ねぎはスプーン3杯までは無料なので3杯頂いた
麺 高はし (7) 

魚粉も添加


シャキシャキの旨い玉ねぎの食感が加わっていい感じ




つけダレの中には短冊状にカットされたチャーシューとメンマが沈んでいる
麺 高はし (9) 

味が染みているので麺を絡めて一緒に口に運ぶと旨い♪




スープ割はご主人が頃合いをみてサーブしてくれる
麺 高はし (11) 

玉ねぎの食感を楽しみながらスープを飲んでいると気が付けば丼は空になっていた





赤羽にある『麺 高はし』さん


嗜好にバッチリハマったわけではないけどなんとなくリピートしたい不思議な感覚


ファンが多いのも行列ができるのも頷ける


つけそばをリピートしたい気持ちもあるんだけど


「次回は“らあ麺”を頂きにお邪魔します♪」





麺 高はし

住所 東京都北区赤羽1-38-10
電話番号 03-3903-1575
営業時間 11:00~13:20(頃) 17:20~18:30(頃)
[土・祝] 10:40~13:00(頃)
定休日 日曜日

アブラのポテンシャル(ラーメン富士丸 神谷本店)

2016.09
ラーメン富士丸 神谷本店 (2) 

赤羽駅から歩いて
ラーメン富士丸 神谷本店 (1) 

歩いて
ラーメン富士丸 神谷本店 (3) 

辿り着いたのはこちら



ラーメン富士丸 神谷本店 (4) 
『ラーメン富士丸 神谷本店』さん

ラーメン富士丸 神谷本店 (5) 
オープン時間まであと30分以上あるのに15人以上の列ができている


店内に入れたのは並び始めてから1時間後だった


スタッフさんに呼ばれたら店に入り食券を買って店内の待ち席へ


ほどなくカウンター席へ案内
ラーメン富士丸 神谷本店 (6) 

ビールの食券を手渡すとビールのサイズをきいてくれる


500でお願いした たぶん350でお願いするとビールなんだと思う


ジョッキもキンキンに凍ってるし
ラーメン富士丸 神谷本店 (8) 

この甘いアブラがかかったアテが最高にシアワセだ♪
ラーメン富士丸 神谷本店 (9) 



ラーメン 「アブラ・ニンニク別皿」
ラーメン富士丸 神谷本店 (11) 


ラーメン富士丸 神谷本店 (10) 

ラーメン自体にもアブラがたっぷりかけられていて
ラーメン富士丸 神谷本店 (13) 

さらに別皿でサーブされる富士丸スタイル♪
ラーメン富士丸 神谷本店 (12) 



豚は瑞々しくて豚の歯応えを適度に感じられるもの
ラーメン富士丸 神谷本店 (14) 

今回はお通しの分を計算して豚のトッピングは避けたけどやっぱりもう少し食べたかった




スープは動物系爆発のアブラギッシュ豚骨醤油スープ
ラーメン富士丸 神谷本店 (18) 

豚のデリシャ臭はしっかりと感じる


スープのウマミ・背脂のアマミ たまらん♪




麺は平たくウェーブした低加水ちぢれ太麺
ラーメン富士丸 神谷本店 (15) 

富士丸製麺所(お店の上)製


麺肌が粗く芯を多めに残した茹で加減で好み♪
ラーメン富士丸 神谷本店 (17) 

天地返しすると麺が出てくる出てくる(笑)
ラーメン富士丸 神谷本店 (16) 

普通盛りにしといてよかった


別皿の脂は箸ですくって口の中でクラッシュして楽しんだ後は


スープに添加してさらなるアブラの魅力を楽しんだ




ヤサイはスープで茹でられているのかな?


色がついていてスープの味のしっかりと染みた旨いヤサイ




丼の中に残ったヤサイとアブラ


そして半分トッピングされた茹で玉子をつまんだりして


気づくと丼の中に残ったアブラを名残惜しげにすくっていた


食べ終えてお店を出る際は丼をカウンターの上に上げなくていいので注意!!





強い中毒性のあるラーメンを提供してくれる『ラーメン富士丸 神谷本店』さん


すっかり富士丸アブラの虜です(笑)


「また禁断症状が発症したらお邪魔します!!」





ラーメン富士丸 神谷本店

住所 東京都北区神谷3-29-11
電話番号 03-3598-6558
営業時間 18:15頃~24:00
定休日 月曜日






お店から赤羽駅に歩いていたら夏祭りやってた (´▽`) 

ラーメン富士丸 神谷本店 (19) 

さらし巻いて太鼓をたたく女性 かっこよかったなー♪

時の過ぎゆくままに(燦燦斗)

2015.10
燦燦斗 (1)

突然油そばを食べたくなって
燦燦斗 (2)

東十条
燦燦斗 (3)


『燦燦斗』さん
燦燦斗 (4)


燦燦斗 (5)


相変わらずBGMはジュリー
燦燦斗 (6)


念願のビールと
燦燦斗 (7)


燦燦斗 (8)


油そば 700円
燦燦斗 (9)


平たい断面のストレート太麺はモチモチの食感


マイルドなタレ
燦燦斗 (10)


レアチャーシュー・メンマ・カイワレ・ネギとシンプルなトッピン具


後半は卓上のホワイトペッパーや酢を添加して味変を楽しんだ


やっぱ大好き『燦燦斗』さんの油そば♪


旨くって壁際に寝返りうっちゃいそうだよ(笑)




東十条にある『燦燦斗』さん

またたまらなく食べたくなるんだろうなー

というわけでまたお邪魔します


「時の過ぎゆくままに この身をまかせ♪」
燦燦斗 (11)




燦燦斗

住所 東京都北区中十条3-16-15
営業時間 18:00〜20:30頃
定休日 月・木曜

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

×GAKU×

Author:×GAKU×
昔は髪を腰まで伸ばしていたメタル野郎
今はブルースシンガーソングライター
南米の連中とチーム作ってフットサルやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヒット数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR