祝オープン(miso style となみ)

2015.05

『狼煙 ~NOROSHI~』さんで腕を振るわれていたスタッフの利波さんが西浦和でお店を独立オープンさせるとの情報を得た

そしてオープン初日 機会を得てこちらへ♪

初めて降り立つ西浦和駅から歩いて1分ほどで到着
miso style となみ (1)


『miso style となみ』さん
miso style となみ (2)

お店の前はオープンをお祝いする花でいっぱい
miso style となみ (3)

miso style となみ (5)


先に食券を購入して店内待ち
miso style となみ (7)

入り口の隣には製麺室がある


程なくカウンター奥へ案内
miso style となみ (8)

カウンター越しに調理が見られるので退屈しない♪


みそらーめん 800円
miso style となみ (11)

miso style となみ (12)



スープはトロリとした粘度の濃厚味噌スープ
miso style となみ (13)

中華鍋で炒めた野菜にスープを加えるスタイル

風味的には狼煙さんの面影を感じるんだけど

僕の引出の中では『麺処くるり@市ヶ谷』さんに似てる

塩梅抑え目 もう少し強めの方が個人的には好み


麺はストレート麺
miso style となみ (14)

濃厚スープとの相性がとても好み 粗い練り込みの見える麺
miso style となみ (15)

芯を残した茹で加減で弾力強め この麺好きだわ♪


スープと炒めた野菜はザクザクと食感が良い

チャーシューは若干スモークっぽい風味を感じた

キクラゲ・メンマの食感がアクセント

ニラとネギの香りで食欲が増進

若干味わいがストレートな感じなので後半はレモン酢を添加すると清涼感が増していい感じ

個人的には味変アイテムにカレー粉があればうれしいかも♪




若い利波店主にお祝いの言葉をかけて店を出た

入店したときよりも列は伸びて10人ほどになっていた




西浦和にオープンした実力店出身の若い店主さんが腕を振るう『miso style となみ』さん


「オープンおめでとうございます!!」
miso style となみ (6)



miso style となみ

住所 埼玉県さいたま市桜区田島5-22-26 サンシティ西浦和105
営業時間 11:30〜15:30 17:30〜20:30 日曜のみ 11:00~17:00
定休日 月曜日
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

限定油そば(ラーメンの店 どでん)

2014.07

「3日間限定で油そばやるらしいので行きません?」

とゴキゲンなお誘いをもらったので二つ返事でOK(笑)

ピックアップしてもらって辿りついたのは


ラーメンの店 どでん (1)
『ラーメンの店 どでん』さん

前回お邪魔したのは1年以上前

空席があったので店内へ
ラーメンの店 どでん (12)

券売機で食券を買うと程なくカウンターへ案内
ラーメンの店 どでん (15)

無料トッピングは全部お願いした
ラーメンの店 どでん (13)

まずは生卵がおわんに入ってサーブ
ラーメンの店 どでん (3)

ビールをオーダーするとお通しがついてくるのがうれしい♪
ラーメンの店 どでん (9)

そしてこちら


油そば 750円
ラーメンの店 どでん (5)

おおー 『どでん』さんらしいヴィジュアルの油そば♪
ラーメンの店 どでん (7)

ラーメン同様別皿でアブラがついてくる これがまた旨い♪
ラーメンの店 どでん (6)

麺は麺肌の粗い不揃いな平打ち麺
ラーメンの店 どでん (8)

かなり芯を残した茹で加減でかじり応えがある


まずは親の仇の如くかきませる(笑)
ラーメンの店 どでん (10)


麺量は400gあるので結構ボリュームがある

まずはそのまま食べてみると味は抑え目にチューンされている

すぐにアブラを添加してさらにかき混ぜて喰らいつく

やっぱりこの甘みのあるアブラは旨い♪

ニンニクとカエシ そしてアブラ

アドレナリンが噴き出す(笑)

卓上の調味料などで味変を楽しみながら食べ進め

後半に生卵の出番
ラーメンの店 どでん (11)

スキヤキ風にこんな感じで食べてみた

味の違いは楽しめるもののかなりマイルドな味わいになった




ちなみにこちらは同行者の豚増し
ラーメンの店 どでん (4)

豚デカっ(笑)




3日間限定で油そばを提供してくれた『ラーメンの店 どでん』さん


「“らしい”油そば 楽しませて頂きました♪」

ラーメンの店 どでん (2)




ラーメンの店 どでん

住所 埼玉県さいたま市緑区三室1207-4
電話番号 048-607-1129
営業時間 【平日】18:00〜24:00(L.O.)
【土・日・祝】11:00〜14:00(L.O.)18:00〜24:00(L.O.)
定休日 不定休

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

特製つけ麺(中華そば 旋)

北浦和にあるお店『中華そば 旋』さん

こちらには5年ほど前からお邪魔している

一般的にカウンターのみの人気店は子供を連れていくと少し嫌がられたりするんだけど

こちらのお店は子供にこんなお皿をサービスしてくれたり
33722540702.jpg

「お子さん用です」とつけダレを二つ出してくれたりするとても優しいお店だ
337229258130.jpg




2013.03

ふらりと北浦和に来た
北浦和 (1)

真っ先に向かったのはこちら
中華そば旋 (5)

『中華そば 旋』さん
中華そば旋 (1)

暖簾を潜って券売機で食券を買って店主さんに手渡す
中華そば旋 (4)

店主さんは以前に比べてかなり恰幅が良くなっておられる

まずは陶器のコップとビールがサーブ
中華そば旋 (3)

陶器効果で泡がきめ細かくなる♪

オペレーションを拝見しながらビールを楽しんでいる間にサーブ
中華そば旋 (2)


特製つけ麺 1000円
中華そば旋 (6)

相変わらず綺麗なヴィジュアル♪


麺は麺肌のツルツルした弾力の強い太麺
中華そば旋 (7)

よく〆られていて麺だけ食べても旨い


つけダレは魚介が程良くきいた動物魚介醤油味
中華そば旋 (8)

底にはサイコロ状のチャーシューが沈んでいる

若干粘度が低く感じるのは近頃他店の濃度が平均的に上がってきているからかもしれない

若干 麺とつけダレの絡みに物足りなさを感じるけど相変わらず絶妙なバランス


「特製」トッピングをつけるとチャーシュー・メンマ・味付玉子・のりが増量する
中華そば旋 (9)

このトッピングは外せない(笑)

2枚トッピングされた分厚いチャーシューは味付けも程良く軟らかくて旨い

味玉は若干黄身にレアさを残したものでこちらもつけダレとの相性が良い


以前と比べると若干つけダレがライトに感じた

だから飽きがこないですぐにリピートしたくなる方が多いのかも



北浦和にある『中華そば 旋』さん

遠いからなかなか来られないんだけど

「またお邪魔します♪」




中華そば 旋

住所 埼玉県さいたま市中央区新中里1丁目1-6
電話番号 048-832-1564
営業時間 11:30~15:00 18:00~22:00
定休日 月曜日、第2・4火曜日

アブラ♪ アブラ♪ (ラーメンの店 どでん)

『ラーメン富士丸 北浦和店』さん
富士○

『ラーメン二郎』さんの直系とは少し違ったラーメンを提供してくれるお店で

僕も含めてファンも多かったんだけど惜しまれながら閉店

詳しい事情は知らないけどその跡地に屋号を変えてオープンしたお店がある




2013.04
北浦和

『ラーメンの店 どでん』さん
ラーメンの店 どでん (1)

暖簾をくぐって券売機で食券を買う
ラーメンの店 どでん (10)

その券売機の隣にはとてもきれいな熱帯魚水槽がある

豚増しラーメン少とビールをオーダー
ラーメンの店 どでん (2)

ビール(350円)にはお通しがついてくる

もやしとアブラの下には豚と玉子 これはうれしい♪
ラーメンの店 どでん (3)


程なく麺が上がってコールタイム

「アブラとニンニクを少し」


豚増しラーメン少 850円
ラーメンの店 どでん (5)

富士丸同様 アブラ増しでオーダーすると小さなボウルでアブラが提供される
ラーメンの店 どでん (6)

このアブラがとても甘みがあって旨い♪

ラーメンの店 どでん (4)

ラーメンはヤサイ増ししていないので大人しい山ながら

もやしの下には分厚い豚がゴロゴロと入っている
ラーメンの店 どでん (8)


ベージュ色スープは豚骨醤油味
ラーメンの店 どでん (7)

油がスープに溶け込んで表面はキラキラと輝いている

この系統にしては若干マイルドな味わい




天地返し!!
ラーメンの店 どでん (9)


麺は平たい形状の低加水麺

程良い弾力と潔い歯切れ


豚はとても塩気が強め

煮豚の端の部分が非常にタフな歯応え
水分が少ない分 腹に溜まる


ボウルに入ったアブラを上から一気にかけるとアブラの旨みが加わるんだけど・・・

アブラの味付けの関係か塩気も加わってスープの塩気が強く感じてしまった

スープに沈めておいたヤサイも味が濃くなった印象

最後は豚とヤサイをビールと水で流し込む感じだった

やはりこちらはヤサイ増しをした方がバランス良いかもしれない




『ラーメン富士丸 北浦和店』さんの跡地にオープンした『ラーメンの店 どでん』さん

次回はラーメンのヤサイ増しを頂いてみたい

八戸せんべいトッピングも気になるな~

そして何といっても魅力的なお通しが付いちゃうもんだから

「ビールは外せません」(笑)
ラーメンの店 どでん (11)




ラーメンの店 どでん

住所 埼玉県さいたま市緑区三室1207-4
電話番号 048-607-1129
営業時間 昼 11:30~14:30 夜 17:00~24:30
定休日 月曜日

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

期待通りの中華そば(庵悟)

2013.01

大宮での出演を終えて大宮駅に帰ってきた

17:00かぁ まだゆとりがあるなぁ。。。

でもギターが重いし・・・大宮駅のコインロッカーはギター入んないし・・・

なんて考えてるうちに重いギターのハードケースを抱えて京浜東北線に乗り南浦和に来ていた(笑)
庵悟 (13)

駅から住宅街を歩く
庵悟 (14)


この道を歩くのは二回目だ

たどり着いたのは
庵悟 (15)

『庵悟』さん


次念序』さんで店長として腕を振るっておられた上沼さんのお店だ

庵悟 (16)

厨房に挨拶して券売機で食券を購入
庵悟 (1)

以前から課題だった中華そばがお目当て

時間は15:00過ぎ

家族連れなども多く比較的店内もゆとりがあるので

まずはビール(^o^)v
庵悟 (17)

次念序と同じく刻みチャーシューとメンマがお通しにつくのが嬉しい♪
庵悟 (18)

そしてサーブ


中華そば 700円
庵悟 (19)

スープのヴィジュアルを見た瞬間に期待が高まった
庵悟 (20)

というのも上沼さんの修行先の鴻巣のお店では朝の開店から10杯しか提供していないから

熟成したスープで中華そばを味わうのは不可能に近い


スープは煮干や節系の魚介の“身”と思われる浮遊物が多め
庵悟 (21)

動物系も濃い目

油は表面に膜を成している

ネギの香りと清涼感

スープの口当たり コク カエシの濃度 バランス 後味

旨いわぁ~♪


麺はパツパツと潔い歯切れ
庵悟 (22)

ツルツルした麺肌
庵悟 (23)

膨れにくい麺なので安心してゆっくり味わえる

具材は大判のチャーシューとコリコリメンマ

彩り程度の海苔と「の」の字のなるともトッピング


期待通りの中華そばだった♪


鴻巣の人気店から独立してこちらへお店を出された上沼さん

遠いからなかなか頻繁には通えないけど


「また無理にでも機会を作ってお邪魔します♪」




庵悟

住所 埼玉県さいたま市南区文蔵2-30-5
TEL 048-865-5535
営業時間 11:00~16:00
定休日 木曜日

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

×GAKU×

Author:×GAKU×
昔は髪を腰まで伸ばしていたメタル野郎
今はブルースシンガーソングライター
南米の連中とチーム作ってフットサルやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヒット数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR