にぼし好きによる にぼし好きの為の(にぼしまじん)

2014.07

引き続き新潟ツアー

村上のコンビニでラーメン特集を掲載している雑誌を覗くと村上の店が掲載されていた

記事によると先日お邪魔して旨かった『小太喜屋』さんプロデュースのお店らしい

(。・▽・。 )

気になるな~


(∪。∪)。。。zzzZZ(∪。∪)。。。zzzZZ(∪。∪)。。。zzzZZ(∪。∪)。。。zzzZZ(∪。∪)。。。zzzZZ


というわけで翌日
にぼしまじん (4)

買い出しついでにビーチを再び脱走ε=ε=ヘ(*゚∇゚)ノ
にぼしまじん (5)

村上プラザのフードコートにあるこちらのお店
にぼしまじん (6)


『にぼしまじん』さん
にぼしまじん (12)


お店の中を見ると先日『小太喜屋』さんで腕を振るっていた店主さんの姿が見える

店頭には大量のにぼしのディスプレイ
にぼしまじん (11)

オーダーを告げて席でしばし待機
にぼしまじん (8)

まだお昼前だからフードコートは結構空席が多い
にぼしまじん (7)
呼び出しアナウンスで番号を呼ばれるのでブースに取りに行く


しょうゆ 620円
にぼしまじん (13)

大盛り無料なんだけどこの後の予定もあるので普通盛りで指定


にぼしまじん (14)
これまた綺麗な麺顔♪


スープは『小太喜屋』さんよりも若干にぼしがきいている
にぼしまじん (15)

動物系は若干抑え目なのか濃度は低め

薬味にネギ2種とゴマ


麺は麺肌がツルツルでプツンと潔い歯切れ
にぼしまじん (17)


淡泊な味わいの鶏チャーシューと
にぼしまじん (18)

ロースかな? ジューシーでこれまた旨い♪
にぼしまじん (19)

半熟味玉も半玉トッピング


ライトな食べ易い煮干しラーメンだった

にぼしまじん (20)
“村上ラーメン”か~ 是非浸透してほしいな♪




フードコートで営業を始めた『小太喜屋』さんプロデュースのお店『にぼしまじん』さん


「ショッピングと併せてまたお邪魔します♪」




にぼしまじん

にぼしまじん (10)
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

喜びラーメン(小太喜屋)

2014.07

新潟に到着

ビーチで地元の若者たちと打ち解けたときに「どっか旨いラーメン屋知らない?」と尋ねると

一平ちくに・小太喜屋さんが好き~♪」と教えてくれた

『一平』さん『ちくに』さんは何度かお邪魔してるけど『小太喜屋』さんって知らないな~

というわけで好奇心抑えきれずにビーチを脱走ε=ε=ヘ(*゚∇゚)ノ

辿り着いたのはこちら
小太喜屋 (1)


『小太喜屋』さん
小太喜屋 (2)

11:00ちょっとすぎに到着


営業時間短いし
小太喜屋 (5)

定休日も多いお店みたい
小太喜屋 (4)

小太喜屋 (11)

店内は半分以上席が埋まっている 人気店だな~

券売機でチャーシューメンと大盛り(0円)のチケットを買ってカウンターへ
小太喜屋 (14)

店主さんの手際の良いオペを観察してる間にサーブ
小太喜屋 (13)


チャーシューメン 900円
小太喜屋 (8)

おおおぉぉぉ~!!!(゚▽゚ ;)!!!
小太喜屋 (7)

インパクト満点(笑)

店主さんに
('◇') 「しゃ・写真撮ってもいいですか?」と伺うと

「お願いします」と笑顔で快諾してくれた

小太喜屋 (6)

スープはあっさりとした豚骨煮干しスープ
小太喜屋 (9)

煮干しは抑え目で動物系とのバランスが良く旨い♪

油分も少なくはないんだけどしつこさはない

後味に残る魚介の香りがたまらない


麺は麺肌の粗くて少し芯を残した茹で加減
小太喜屋 (10)

大盛りで食べ応えがある 何より大盛り無料ってうれしいな~♪


チャーシューはジューシーでやわらかいバラと
小太喜屋 (16)

スモークの香りが印象的なもの
小太喜屋 (17)

さらにブロックチャーシューも盛られている♪

バラチャーシューは箸で持ち上げるとほぐれるほどやわらかくてめちゃくちゃ旨い♪

太めだけどやわらかいメンマと味玉半分

彩りにカイワレもトッピング




とても満足度の高い一杯 納得の900円!!

見た目のインパクトに負けない旨いラーメンだった




村上の街中にある『小太喜屋』さん
小太喜屋 (3)

営業時間や定休日の関係ハードルは高かったけど来てよかった♪


「まさに“喜びラーメン”って感じでした!!」
小太喜屋 (15)




小太喜屋

住所 新潟県村上市塩町6-28
TEL 0254-52-2542

営業時間 11:00~15:00(L.O.14:30)
定休日 水曜・土曜・日曜・祝日

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

念願の再訪(一平)

『一平』さん
一平 (13)

こちらもホテルのビアガーデンで仲良くなったスタッフさんにオススメを受けたお店だ

前回の訪問から数年 ずっと再訪の機会を伺っていた




2012.07

新潟ツアー最終日

瀬波の海との別れを惜しみながらホテルを出発
一平 (11)

高速のインターに乗る前に昼食を食べて帰ることにした
一平 (12)

『一平』さん

念願の再訪だ


店内に入るとお昼時を過ぎていたこともあり空席がみられた
一平 (15)

木を主調にした店内 本棚にはたくさんのマンガや雑誌が置かれている

座敷席に座って前回スタッフさんに聞いた人気メニューをオーダー
一平 (14)

まずはこちら


チャーシュー麺 730円
一平 (18)

スープは白湯と清湯の中間といった感じの色合い
一平 (19)


豚ガラと思われる動物系の旨みがガツンときて

その後にアゴのような強い魚介の風味と甘みが残る

カエシもしっかりときいていて不思議と家系を想わせる醤油スープ

油は少ないように見えるがコクは強い

やっぱり『一平』さんのスープは旨い!!


麺は細ちぢれ麺
一平 (20)

麺肌はツルツル モチモチした食感
一平 (21)

見た目は加水高めで伸びやすそうにみえるが意外と伸びづらい 強い麺


チャーシューはトロトロと解れる柔らかいもの

メンマはザクザクとした歯応えで甘みが強い

ほうれん草のシャキシャキした歯応えと香りもスープとマッチする

小さな海苔もトッピング


そしてもう一つの人気メニュー

五目ラーメン 660円
一平 (17)

こちらはトロミのあるスープ ベースはチャーシュー麺と同じだと思う
一平 (22)

一平 (23)

炒めた野菜の香ばしさと甘みが加わりこれまた旨い!!

具材は野菜・豚肉・ウズラの卵・ヤングコーン・キノコ類など多種
一平 (24)

熱々のトロミスープと絡んでこれまた旨い!!

夢中で食べていると麺・具材がなくなり

最後は名残惜しそうにスープをたいらげていた

同行者たちにも好評で
みんな「美味しい~」とご機嫌で麺を啜っていた


岩船町駅の近くという辺地な場所にある『一平』さん

ホテルのビアガーデンで仲良くなったスタッフさんのオススメがなければ絶対に知ることはできなかっただろう

改めてアナログの情報って大事だなーと思った


「オススメしてくれたスタッフさんや店員さん ありがとうございました♪」




一平

住所 新潟県村上市小口川19-16
電話番号 0254-56-7116
営業時間 [月~金]11:00〜13:30 17:00〜20:00
[土・日] 11:00〜14:00
定休日 不定

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

岩船港の魚介ラーメン(岩船港鮮魚センター)

2012.07

海水浴場からホテルへの移動の途中 スーパーにショッピングに立ち寄った

そこで見つけた地元新潟のラーメン雑誌

目を通すとこの近くに旨そうなラーメンを提供している鮮魚センターを発見

(o^▽^) 「岩のりラーメンかー 旨そうだなー」 

早速その足で向かってみることにした
岩船港 鮮魚センター (11)

『岩船港鮮魚センター』
岩船港 鮮魚センター (12)

岩船港 鮮魚センター (13)


店内では漁港で獲れた海産物などを販売している
岩船港 鮮魚センター (14)

雑誌で紹介されていたラーメンはこのセンターの一角の軽食コーナーにあった
岩船港 鮮魚センター (15)

特設の浜焼きコーナーもオープン
岩船港 鮮魚センター (16)

軽食コーナーには揚げ物なども販売している
岩船港 鮮魚センター (17)

実は昨年もこちらはお邪魔していて煮干のラーメンがとても気になっていた

岩船港 鮮魚センター (18)

券売機で迷わず雑誌で紹介されていた“岩のりラーメン”のチケットを買って厨房へ

半券に番号が書かれ できたら呼ばれるシステム
岩船港 鮮魚センター (19)

オーダーから5分ほどでサーブ


岩のりラーメン 600円
岩船港 鮮魚センター (21)


スープは若干煮干しのきいた清湯スープ
岩船港 鮮魚センター (22)

油は少なくさっぱりしている

味のバランスが良くライトながら後味が良くレンゲが止まらない

薬味のネギもスープとマッチする


麺はちぢれ麺
岩船港 鮮魚センター (24)

麺肌はツルツルしていて食感はモチモチ

スープとの相性が良く 麺量も多い

そしてわかめと岩のりがたっぷり!!
岩船港 鮮魚センター (23)

岩船港 鮮魚センター (26)

これが麺に絡んで磯の香りが口いっぱいに広がる
岩船港 鮮魚センター (27)

コリコリとした食感のメンマと分厚いバラロールチャーシューもトッピング

これは旨い

まさか鮮魚センターの軽食コーナーでこんなに旨いラーメンに出会えるとは思わなかった

大満足の一杯だった

これだから食べ歩きは止められない♪


魅力的なサイドメニューも豊富な鮮魚センターの軽食コーナー

また是非お邪魔したい

おすすめの魚を使った「日替り定食」も気になるけど

「次回はカサゴの唐揚も外せないなー」
岩船港 鮮魚センター (28)




㈱岩船港鮮魚センター

新潟県村上市瀬波温泉3-6-38
TEL 0254-52-1261
営業時間AM8:30~PM17:00(通常)
※冬季はAM8:30~PM16:30

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

村上の人気煮干中華そば(ちくに)

大観荘せなみの湯』さんのビアガーデンでオススメのお店を教えて頂いた

地元では有名な行列店だそうだ

情報によると営業時間が短いお店とのこと

「行ってみたいなー 明日チャンスを狙ってみよう」




2012.07

新潟ツアー 2日目

海水浴に夢中なファミリーに「ちょっと一杯食べてくる」と告げて車を走らせる ε=ε=ヘ(*゚∇゚)ノ 

独特の年季の入った佇まいの街を走って
ちくに (11)

細い路地に入ると見えてくるお店
ちくに (12)

『ちくに』さん

駐車場がとても広い!

開店10分前に店前に到着するとすでに3人の先客が並んでいた

昼の部は1時間15分のみの営業
ちくに (13)

11:30 時間ちょうどに開店 その頃には8人の待ちが出ていた


4番手で入店したが後続の客が女性スタッフさんにガンガンオーダーを告げている
ちくに (15)

それに倣って「肉そばお願いします!!」と告げて席へ
ちくに (14)
店内は豚と煮干しのいい香りが漂っている

その後も後客が増えていき 店内は満席に近い状態になった
ちくに (17)


すごい人気だ しかもこの立地で

それから待つこと20分

11:50 最初の5杯がサーブ

先客3人と後客2人のラーメンはサーブされたが
僕のラーメンは来なかった (´_`。)

並んだ順にサーブだろうと思っていたが残念ながらオーダーを告げた順らしく。。。

さらに待つこと10分

セカンドロットでようやくサーブ


肉そば 900円
ちくに (18)


スープは若干濁りのあるスープ
ちくに (19)

表面にはキラキラした魚介 そして油は玉状になって表面を覆っている

煮干しの風味はさほど強くない 豚の風味の印象の方が強い

クセのないスープ

薬味にネギが刻まれている


麺はとても軟らかい茹で加減
ちくに (20)

スープを良く吸う麺のようだ
ちくに (21)


チャーシューは脂身の多いバラチャーシュー

トロッとしてホロホロと解れる

そして水分の抜けたパサッとした硬い食感のブロック状のものもある

ダークブラウンのメンマはザクザクした食感

煮玉子はとても醤油の味が強い

海苔が2枚 なるともトッピング


後味にも煮干しはあまり残らなかった

総じて肉の量を除けばとても優しくて素朴なラーメン

客層を見るとご年配の方が9割を占めているのも頷ける

なるほどー
「ご年配の方にはたまらない味わいのラーメンかも」
ちくに (16)




ちくに

住所 新潟県村上市寺町4-11
電話番号 0254-52-5820
営業時間 11時30分~12時45分 15時30分~18時
定休日 水曜日

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

×GAKU×

Author:×GAKU×
昔は髪を腰まで伸ばしていたメタル野郎
今はブルースシンガーソングライター
南米の連中とチーム作ってフットサルやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヒット数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR