東大阪高井田風(麺屋 丈六)

2016.08


先ほどのお店から歩いて


黒門市場を抜ける
麺屋 丈六 (1) 


麺屋 丈六 (2) 


麺屋 丈六 (3) 


ホントに中国人観光客が多いなー
麺屋 丈六 (4) 


麺屋 丈六 (5) 


到着
麺屋 丈六 (6) 

『麺屋 丈六』さん
麺屋 丈六 (7) 

店前には10人ほどの列ができていた


20分ほど待って店内へ
麺屋 丈六 (8) 

壁にはサイン色紙がびっしりと貼られている
麺屋 丈六 (10) 

オーダーは鶏白湯と少し迷ったんだけど
麺屋 丈六 (11) 

こちらをオーダー




中華そば(東大阪高井田風) 650円
麺屋 丈六 (12) 


麺屋 丈六 (13) 

黒いスープの上にはキラキラと黄色い油が玉状になって表面を漂っている
麺屋 丈六 (14) 

見た目よりも塩梅は大人しくカエシ由来の独特のコクがある


鶏ベースかな?ダシ感は大人し目


マイルドな醤油スープにペッパー


そしてたっぷりと刻まれた九条ネギが香りと食感にアクセント




麺はスープをスッと持ち上げる麺肌の粗いストレート中太麺
麺屋 丈六 (15) 

啜り心地が良い


程良い芯の残り具合で好みの食感


薄切りのチャーシューは脂身少なく淡泊な味
麺屋 丈六 (16) 



何度食べても飽きがこなそうなやさしい味の中華そばだった






初めて頂いた東大阪高井田風中華そば
麺屋 丈六 (17) 

「その土地その土地で色々な個性があって面白いなー」






麺屋 丈六

住所 〒542-0075 大阪府大阪市中央区難波千日前6-16
電話番号 06-6643-6633
営業時間 11:30~15:00/18:00~21:00
[第1日曜] 7:00~10:00/11:30~15:00
定休日 水曜
スポンサーサイト

念願の本店(らーめんstyle Junk Story)



『らーめんstyle Junk Story』さん


 大つけ麺博 2015 第二陣や
2015101309100912b_20160831100857a3c.jpg 
http://gaku0214.blog.fc2.com/blog-entry-1706.html


東京ラーメンショー2015 第2幕など
2015110205383232f_201608311008585d7.jpg 
http://gaku0214.blog.fc2.com/blog-entry-1728.html


関東のイベントにもたびたび出店してくれるこちらのお店


どちらも印象がよかったのでいつか本店にお邪魔したいと思っていた






2016.08
らーめんstyle Junk Story (1) 

というわけでこちらへ
らーめんstyle Junk Story (2) 

『らーめんstyle Junk Story』さん
らーめんstyle Junk Story (3) 

昼の部オープンから20分ほど過ぎた頃に到着


店外待ち3名ほど


程なくカウンター席へ案内
らーめんstyle Junk Story (4) 

するとスタッフさんが新設にLINEの友達登録をオススメしてくれた
らーめんstyle Junk Story (5) 

「ビールと一緒にきっと美味しいチャーシューがサービス」


そりゃー登録するしかない(笑)
らーめんstyle Junk Story (6) 


らーめんstyle Junk Story (7) 

ラーメンはこちらをオーダー
らーめんstyle Junk Story (8) 




塩のキラメキ
らーめんstyle Junk Story (9) 


らーめんstyle Junk Story (10) 

透明感のあるスープは表面がキラキラと輝いている
らーめんstyle Junk Story (11) 

まさにキラメキ


若干魚介を感じる旨みしっかりのシャープな塩スープ






麺は若干平らな形状の細麺
らーめんstyle Junk Story (12) 

啜り心地の良いストレート


程良く弾力があって歯切れが良い


麺は“中”まで無料なのがうれしい♪




チャーシューは鳥が何種か レアだったり
らーめんstyle Junk Story (13) 

こんなコリコリした部位まである
らーめんstyle Junk Story (14) 





念願だった『らーめんstyle Junk Story』さん


ラーメンはもちろん元気で親切なスタッフさんたちの接客も心地良かった


「また関東でのイベント出店楽しみにしてます♪」






らーめんstyle Junk Story

らーめんstyle Junk Story (15) 

ドロドロ三昧♪(無鉄砲大阪店)

『無鉄砲』さん

夏の猛暑の中 京都の本店(って言ってもほとんど奈良)にお邪魔した
無鉄砲本店

なつかしいな~ めっちゃ遠かったな~ (笑)

その後イベントなどでは何度かコラボを頂いているけどなかなか店舗の方にはお邪魔できなかった


赤迫さん
↑東京ラーメンショーのときにお会いした赤迫店主




2014.02

道頓堀でしこたま飲んだ〆に酔い覚ましに歩いてこちらへ
無鉄砲大阪店 (1)


『無鉄砲大阪店』さん
無鉄砲大阪店 (3)

深い時間にも関わらずすごい行列だ
無鉄砲大阪店 (2)

それでも列の進みは早く30分ほどで店内へ
無鉄砲大阪店 (5)

券売機で食券を買って
無鉄砲大阪店 (4)

カウンター席に案内
無鉄砲大阪店 (15)


まずはビール (笑)

そして程なくサーブ


とんこつラーメン 700円
無鉄砲大阪店 (6)

ほぼ同時にギョーザ 400円もサーブ
無鉄砲大阪店 (8)
こちらは同行者とシェア
無鉄砲大阪店 (12)


ドロドロで熱々のスープ
無鉄砲大阪店 (7)

ド濃厚な動物系の旨み 脂由来の甘み
無鉄砲大阪店 (9)

強めの獣臭 やっぱり好みの味だわぁ~♪


太ちぢれ麺がごっそりとスープを持ち上げる
無鉄砲大阪店 (10)


そして以前からやりたかったこちら

白ごはん 150円にラーメンのスープをかけて

無鉄砲大阪店 (14)
無鉄砲丼

見た目はこんな感じだけど

まずいわけがない(笑)
無鉄砲大阪店 (16)
まさにドロドロ三昧!!




深い時間の酒の〆にがっつり頂いちゃったけど

不思議と翌朝は二日酔いもなく快適だった♪




ド濃厚なラーメンを提供してくれる『無鉄砲』さん


「やっぱり旨いわぁ~ ごちそうさまでした!!」




無鉄砲大阪店

住所 大阪市浪速区戎本町1-5-21
Tel 06-6645-0522
営業時間 昼の部:11:00-15:00(売切れ次第終了)
夜の部:18:00-23:00(売切れ次第終了)
定休日 月曜日(祝日祭日の場合営業)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

メン太そば(麺喰い メン太ジスタ)

2013.02

初めて降り立つ玉造駅
麺喰い メン太ジスタ (1)

ちょっとなつかしい感じのする商店街を抜けると見えてくるお店
麺喰い メン太ジスタ (2)

麺喰い メン太ジスタ (3)


『麺喰い メン太ジスタ』さん
麺喰い メン太ジスタ (4)

こちらも大阪の課題店だ

ドアを開けるととても丁寧な接客で迎え入れてくれるスタッフさん

券売機でチケットを買ってカウンター席へ
麺喰い メン太ジスタ (9)

程なくサーブ


メン太そば 750円
麺喰い メン太ジスタ (5)


若干濁りのあるスープはライトな動物魚介
麺喰い メン太ジスタ (6)

さらりとしていてとても飲みやすい

表面に油が膜を成している

薬味に葱


麺は昼と夜で使い分けているそうだ こちらは昼の麺
麺喰い メン太ジスタ (7)

「田舎の食堂にある様なきいろい麺」

透明感のある黄色い麺はプリッとしたストレート中太麺

麺肌はツルツル 食感はモチモチ

スープとの絡みは大人しく スープと麺を交互に頂くとバランスがよかった


チャーシューは大判のロースで柔らかくて食べ応えがある

黄色いワンタンはとろけるような食感ではなくしっかりと歯ごたえがあるもの
麺喰い メン太ジスタ (8)

サクサクと歯ごたえの心地よい穂先メンマと半熟味玉もトッピング
麺喰い メン太ジスタ (10)

後半 卓上のエビ油を添加すると甘みと香りが強くなり風味の変化を楽しめる
麺喰い メン太ジスタ (11)


麺・スープ・具材の組み合わせがとても個性的な一杯だった


厨房に挨拶して席を立つとスタッフさん出口まで笑顔で見送ってくれた


とても洗練された接客で迎えてくれる『麺喰い メン太ジスタ』さん


「いつか夜の部の“おソバみたいなひら麺”もトライしてみたいなー」




麺喰い メン太ジスタ

住所 〒543-0013 大阪府大阪市天王寺区玉造本町3-6 木村ビル
電話番号 06-6764-5558
営業時間 11:30~22:30(金・土・祝前日は23:00まで)
定休日 無休

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

大阪で山盛りカレーラーメン(のスたOSAKA)

2013.02

道頓堀
道頓堀 (1)

アーケードを抜けてたどり着いたこちらのお店
道頓堀 (2)

『のスたOSAKA』さん
のスたOSAKA (1)

大井町のお店で頂いてから大阪のこちらのお店がずっと気になっていた

暖簾をくぐって券売機へ
のスたOSAKA (2)

京都の旭ポンズを使った“賄いポン酢”がお目当てだったんだけど

なんとなく気分的にカレーだったので初志貫徹できなかった

券売機の横にはギターが
のスたOSAKA (3)

その反対側にはモビルスーツが迎えてくれる
のスたOSAKA (4)


厨房・ホールは若い男性スタッフお二人で回されている
のスたOSAKA (5)

「ニンニク入れますか?」とコールタイム

「ニンニクお願いします」
のスたOSAKA (6)


賄いカレーチーズ 940円
のスたOSAKA (7)


麺と豚の上にはもやしとキャベツ
のスたOSAKA (8)

その上にとろけるチーズとカレーがドロリとかけられている


まずはカレーとチーズを混ぜる前にスープを啜る
のスたOSAKA (9)

背脂の浮いたスープは意外と塩気が強い

関西なので少し塩気を抑えているのかと思ったが想像と逆だった

ヤサイから出る水を考慮しての味付けなのかも


平たい麺は軟らかくあまり芯が残っていないタイプ
のスたOSAKA (10)

歯切れの良い麺 こちらも想像していたものと違った


天地返ししてカレーとチーズをスープと混ぜる
のスたOSAKA (11)

カレーはマイルドでスパイシーさを抑えた味

チーズやニンニクと合わさった風味は好みなんだけど

カレーを混ぜると若干塩気の強めのスープがさらに塩気が上がる

ヤサイを沈めてもあまり印象は変わらなかった

ヤサイを増した方が塩梅はよかったのかもしれない
(⁰︻⁰) ☝ヤサイマシはやってないそうです ご指摘頂きました


そして最後までチーズの印象はあまり残らなかった


大阪では貴重な二郎インスパのお店『のスたOSAKA』さん

醤油・塩・ポン酢・カレーそして限定の味噌などメニューも豊富でどれも魅力的だけど・・・

「次回は賄いポン酢を頂きたいです!!」




のスたOSAKA

住所 大阪府大阪市中央区難波千日前8-5
定休日 火曜
営業時間 11:00~22:00

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

×GAKU×

Author:×GAKU×
昔は髪を腰まで伸ばしていたメタル野郎
今はブルースシンガーソングライター
南米の連中とチーム作ってフットサルやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヒット数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR