おばちゃんのフライ(古沢商店)

かつては足袋の産業で栄えた街 行田

当時「フライ」は女工さんたちの人気のおやつだったそうだ

その行田市で一番の老舗フライ屋

『フライ やきそば 古沢商店』さん
古沢商店 (2)

創業90年 大正時代から続く老舗

今は2代目のおばちゃんが営まれている




2012.03

雨上がりの少し暖かいお昼前

おばちゃんの焼いたフライを食べたくなって自転車を走らせて古沢さんに来た

古沢はB級グルメの雑誌などにも掲載されて数々のタレントさんも訪れているお店だ
古沢商店 (13)

古沢商店 (9)

古沢商店 (10)

古沢商店 (11)


引き戸を開けると丸椅子に座ったおばちゃんが振り返って「いらっしゃい」とニコリと笑う
古沢商店 (3)

おばちゃん。。。少し小さくなったような気がするな・・・

「おばちゃん 400円のやつちょうだい」
古沢商店 (4)

「ソースとしょうゆどっちにしようか」

「えーと。。。しょうゆでお願い」
古沢商店 (5)
調理を始めると程なく世間話が始まった


おばちゃんがフライを焼く姿はとても凛凛しくてかっこいい
古沢商店 (12)


ノスタルジックな店内 テーブルはなつかしいゲーム機を使っている
古沢商店 (6)


古沢商店 (8)


「唐辛子あるからね」とフライにフォークをサクッと刺してテーブルに置いてくれた


フライ しょうゆ味 400円
古沢商店 (14)

生地はモチモチした薄めの生地
古沢商店 (15)

しょうゆ味はソース味に比べるとさっぱりした味わい

ひき肉 紅ショウガ 卵 ネギ
古沢商店 (16)

海苔と桜えびも香りがいい

「やっぱり焼きたては最高だねー♪」


おばちゃんが隣にすわって昔話をしてくれた
古沢商店 (17)

今では銀行になっているここの突き当たりも昔は大きな足袋工場で100人以上働いていて

その頃は平日でも女工さんなどでにぎわっていたそうだ

古沢商店 (7)

「昔は先代がもっといろんなのをやっていたけど今は一人だからねぇ。。。」

その後も身の上話や世間話を楽しみながらお茶を頂いた後

おばちゃんに挨拶して出口に向かった

「また来ておくれー」

「うん もちろんだよ 元気でがんばってね おばちゃん」
古沢商店 (1)




古沢商店
TEL 048-556-4317
住所 埼玉県行田市天満5-14
営業時間 10:30~17:30

ソースはこちら
↓↓↓

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ご当地名物
ジャンル : グルメ

モチっ サクっ ゴワっ(仙道フライ)

仙道フライ

「『仙道』さんのフライと焼きそば旨いよ~♪」と友人のロックさんが教えてくれた

フライの人気店『山下』さんのルーツのお店らしい

気にはなっていたが昼のみの営業なのでなかなかお邪魔する機会がなかった




2015.09

機会を得てお邪魔したのはこちら
仙道 (11)

『仙道』さん
仙道 (12)

少し早い時間だったので客は僕一人
仙道 (13)

迷わずフライの小と焼きそばの小をオーダーして小上がりに座る
仙道 (14)

仙道 (15)

厨房では若いスタッフさん達が談笑していて活気がある

ほどなくサーブ


フライの小 300円 焼きそばの小 300円
仙道 (16)

フライはモチモチした生地にサクサクのパン粉が乗っていてギャップが心地いい食感
仙道 (17)

ネギが香ばしい
仙道 (18)

山下』さんと比べると少しさっぱりしている印象


焼きそば太めの麺でゴワゴワした食感で旨い
仙道 (19)

若干甘みを感じる味付け

油が多目でコッテリした後味

キャベツが多目に入っていた

焼きそば好みが別れるかも


とってもノスタルジックなフライ屋さんらしい雰囲気で頂いた焼きたてのフライと焼きそば

どちらもクセになりそうな味だった

「根強い人気が解る気がするな~ 客の鈴なり♪」
仙道 (20)




仙道フライ

TEL 048-549-0571
住所 埼玉県鴻巣市鎌塚1775-11
営業時間 10:30~15:00
定休日 毎週水曜日

1kgのドカ盛り焼きそば(一平ちゃん)

居酒屋 一将本店』のマスターに激しくオススメを受けてからずっと気になっているお店がある

『一平ちゃん』さん

昼の3時間のみの営業なのでなかなかハードルが高くてお邪魔できなかった




2012.08

フットサルの練習で激しく腹が減ってしまった

帰宅して昼食を食べたけど・・・足りない。。。

そんなときに友人夫妻から電話が入り妻沼へ向かうことになった

「そうだ!! 通り道だから以前から課題だった北河原のお店に行こう!!」

というわけで北河原のコンビニで友人夫妻にピックアップしてもらうことにした


真夏の田圃道をひたすら走って
埼玉県行田市

埼玉県行田市 (1)

到着
一平ちゃん (11)

店内には女将さんと女子スタッフ
一平ちゃん (12)

まずは瓶ビール
一平ちゃん (16)

一平ちゃん (13)


続いて店内限定焼きそばメニューの特盛をオーダー
一平ちゃん (15)

カウンター越しで女子スタッフが調理を開始 いい匂いがしてきた
一平ちゃん (14)


TVで放送されている高校野球を見ながら女将さんと会話している間にサーブ


「麺は太麺 くりた食品の特級品。ソースはこだわり企業秘密
  一度食すと忘れられない キャベツたっぷり さっぱりうまい。」
特盛 (大盛の約三人前=約1,000g) 850円
一平ちゃん (17)


皿を持ち上げるとすごい重量感
一平ちゃん (18)

・・・想像してたよりも迫力があるなー (oдΟ;)


焼きたて熱々の焼きそば
一平ちゃん (19)

油はコレステロール0の油を使用しているとのこと

麺は太麺でとても短い

ツルツルした麺肌で食感がいい

具材は肉とキャベツ

柔らかいキャベツは若干少なめ ほとんどが麺という印象

若干甘みを感じるソース 後味にはウスターソース系の酸味

青海苔が香ばしい

そして紅生姜がいい箸休めになる


ビールと紅ショウガで口をリセットしつつ焼きそばをガツガツと口に運ぶ

中盤を過ぎた頃からは若干“飽き”との闘いになったけど

20分ほどで完食 (。-人-。)
一平ちゃん (20)


その後しばし女将さんと共通の友人の話題で盛り上がった


というわけでドカ盛り焼きそばを提供してくれる『一平ちゃん』さん

ボリュームはもちろん味もいいんだけど・・・

「賞品付とはいえ1.7kgのメガ盛りにチャレンジする勇気はないわぁ。。。」




一平ちゃん

住所 埼玉県行田市大字北河原553
TEL 048-557-5151
営業時間 11:00~14:00
定休日 火曜日

1kg 超えのミックス!!(里佳)

先日 地元の後輩とフライについて語っていると後輩が

「あそこんちのフライ すんげーデカイっすよ」とあるフライ屋を勧めてくれた

「マジで!? そんなに!?」




2012.04

よく晴れた日曜の正午

先日教えてもらったフライ屋さんへ車を走らせた

今日は行田市内で鉄拳マラソン大会が開催されている
鉄剣マラソン

教えてもらった場所の付近でフライ屋さんを探す

見落として通り過ぎてしまったようなので再度引き返して探すと・・・
里佳

小さなプレハブとフライ・やきそばの幟を発見
里佳 (1)


衣料品卸の看板の方が目立つのも見落とした原因だった
里佳 (2)

正午前に到着
里佳 (3)

店の中には3席ほど食べられるスペースがある
里佳 (4)

里佳 (5)

今日はお持ち帰りをオーダー
里佳 (6)

厨房では鉄板で大量の焼きそばを焼いている
里佳 (7)

電話注文が多いようで見た目以上に混んでいるようだ

入れ替わり立ち替わりお客さんがフライを受け取りに来ていた

20分ほど待って紙に包まれたフライをビニールに入れて手渡してくれた

袋を持つと・・・重い!

早速持ち帰って広げてみた
里佳 (8)


ミックス 大 600円
里佳 (9)

で・でかい!!  Σ(゚д゚;)

100円玉を横に置くとこんな感じ
里佳 (10)

はかりで重さを量ると1kgを超えていた (@_@;)

フライが厚い!! 箸で持ち上げると箸がしなるほどの重量感
里佳 (12)

里佳 (13)

フライの食感はモチモチ 具材はネギや卵 スタンダードなフライという印象
ソースの味付けと多めに振りかけられた青海苔の香りがいい


その分厚いフライの下には押しつぶされるようにたっぷりの焼きそば
里佳 (14)


スタンダードな太さで薄めの味付け

肉やキャベツ コーンも入っている

ガツガツと喰らいつくが なかなか減らない

若干飽きてきたところで付属の七味唐辛子を振りかけた
里佳 (11)

紅ショウガをつまみつつなんとか完食

想像以上のボリュームだった

600円という値段も頷ける


1kg越えのミックスを提供してくれる『里佳』さん


「また“ガッっツリ”食べたいときにお邪魔します♪」




里佳(さとよし)
里佳 (15)

詳細は『行田 フライ 里佳』 クリック!

ウエジマ

2011.11

老舗のフライ屋に来た

『ウエジマ』
ウエジマ

今は11:00~15:00と短い営業時間なのでなかなか食べに来られなかった
ウエジマ (1)


厨房を見ると・・・おおっ! おばちゃんじゃなくて若い女性が作っている! 初めて見た!
ウエジマ (2)

テーブル席に座り「はさみこみ! 400円のやつ!」
ウエジマ (3)

おばちゃんに聞いた

「おばちゃん焼いてないの?」

「クビになっちゃったんだよー」と冗談を言うおばちゃん

その後も和やかな時間が流れる

勢いよく湯気を立ててサーブ

「おまちどうさま 紅しょうが入れる?」

「うん おねがい」


はさみこみ 400円
ウエジマ (5)

ボリュームたっぷり!

焼きそばは太麺 少しボソッとした食感
ウエジマ (6)

若干薄めのフライはもちもちした食感

ソースはあまり酸味を感じず、少し甘め
青海苔の香りが食欲をかきたててくれる

「おばちゃんとすっかり味がおんなじだね♪」


熱々のフライを食べて体も温まった

「ごちそうさまー」

「風が強いから風に負けないようにがんばって!」





ウエジマ

住所:行田市長野 2-27-3
電話番号:048-556-7461
休 月・火曜日

テーマ : 食べ歩き
ジャンル : ブログ

プロフィール

×GAKU×

Author:×GAKU×
昔は髪を腰まで伸ばしていたメタル野郎
今はブルースシンガーソングライター
南米の連中とチーム作ってフットサルやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヒット数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR