名物 ソースかつ丼(次男坊)

2015.11
次男坊 (1)

以前行田市のPR的なポスターに掲載されていて気になっていたお店がある


次男坊 (2)
『次男坊』さん


かなりの裏路地にあるので存在を知らないとなかなか入りづらいお店かもしれない
次男坊 (3)


入り口を入るとテーブル席と
次男坊 (4)


奥には広い座敷席がある
次男坊 (5)


オーダーしたのはポスターにも載っていたこちら
次男坊 (15)


ソースカツ丼セット(冷たいそばで) 950円
次男坊 (6)


次男坊 (7)


たっぷりとソースが染み込んだカツは脂身が多いロースカツ
次男坊 (8)


次男坊 (9)

さらにソースがごはんに染み染みなので若干塩梅が強い
次男坊 (10)

幟にはウスターソースと書いてあったけど甘みがあって独特のソースだ


蕎麦はベージュに近い白っぽい蕎麦
次男坊 (11)

しなやかでツルリとした麺肌 コシがあって好みの食感だ
次男坊 (12)


豆腐は
次男坊 (13)

醤油かけるとかわいい顔が浮き出てきた(笑)
次男坊 (14)




若干強めの塩梅が気になったソースかつ丼だった

ご飯を大盛りにしてもらった方がバランス良かったかも

蕎麦は食感・汁共に好みだった

そば湯割りがあったらもっとうれしい



ソースかつ丼が名物という行田の裏路地にある『次男坊』さん


「次回はそばを単品で食べてみたいなー」




次男坊

住所 埼玉県行田市長野1934-5
TEL 048-554-3270
営業時間 11:30~14:00
定休日 火曜

メニュー

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

古墳の近くでワイルドうどん『元祖 田舎っぺ さきたま古墳店』


『元祖 田舎っぺ』さんはあちこちお邪魔してるんだけど
元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (1)

中でも立地の関係お世話になっているのがこのさきたま古墳店さんだ


店の入り口脇には製麺室
元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (10)

営業時間が11:00~15:00と短め いつもお客さんでにぎわっている
元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (11)

元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (12)

雨が降っていて寒い日だったので

肉ねぎ汁 大盛り 700円
元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (2)

今回はあつもり(麺をあたためること)でオーダー
元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (4)

熊谷のお店などで提供している塩ダレの方が好みだけどこの醤油味も結構好き
元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (3)

麺もつけ汁も熱々なので寒い時にはオススメ

麺を持ち上げてつけ汁に入れようとするとはねる可能性が高いので
元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (5)

こうやって浸けるのが僕の勝ちパターン(笑)

肉もたっぷり
元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (14)


もちろん最後は
元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (15)

茹で汁で〆る
元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (16)




元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (17)

暖かくなってきたので

冷汁 大盛り 500円
元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (6)

元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (7)

冷たい汁に冷たいうどん

薬味は別皿でサーブ
元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (8)

うどんのワイルドなコシはやっぱり冷もりの方が堪能できる
元祖 田舎っぺ さきたま古墳店 (9)




冷もりとあつもり どちらもワイルドな食感が楽しめる『元祖 田舎っぺ』さん


「いつもお世話になってます♪」




元祖 田舎っぺ さきたま古墳店

住所 埼玉県行田市大字佐間1502

TEL 048-559-2610
営業時間 11:00~15:00
定休日 無休

テーマ : うどん
ジャンル : グルメ

肉厚とろアジフライ(親孝行うどんゆげ釜 行田店)

2014.03

今日も友人“ロックさん”の助手席に乗って走っていると

「腹減った」と言いながらタイヤが鳴くほどの勢いで滑り込んだのはこちら(笑)


親孝行うどんゆげ釜 行田店 (5)
『親孝行うどんゆげ釜 行田店』さん

こちらは僕も初めて♪

店内は女子スタッフさん2人で切り盛り
親孝行うどんゆげ釜 行田店 (6)


オーダーしたのはビールと

こちら

とろアジフライ 286円
親孝行うどんゆげ釜 行田店 (3)

築地で食べたアジフライほどの感動はないものの肉厚で旨い♪

そしてこちら

南部地鶏のきのこ汁うどん 650円
親孝行うどんゆげ釜 行田店 (4)
「濃厚な地鶏の脂が溶け出たつゆは、椎茸、焼きネギの風味が際立ちます。」
武蔵野風のつけ麺とのことだけど僕は正直どんなスタイルだかわからない。。。

鶏は岩手県産南部地鶏を

そして行田市生まれの“ひめ椎茸”を使っているそうだ

うどんはよく〆られていてタフさを感じる強い麺

少し『田舎っぺ』さんのうどんに似てるかな?


つゆの中に入っている地鶏はとっても旨いんだけどつゆ自体の旨みは大人しい印象




県道#66沿いにある『親孝行うどんゆげ釜 行田店』さん

アジフライ旨かった♪ リピート決定!!

麺も印象が良かったから

「次回は違うつゆでうどんを頂いてみたいな~」




親孝行うどんゆげ釜 行田店

住所 埼玉県行田市佐間2-14-16
TEL 048-552-1006
営業時間 11:00~14:30 17:30~21:00
年中無休

続きを読む

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

やっぱりうまい。てぶちのうどん。(田舎っぺ)

2012.10

『由す美』さんの記事に“猿ワタ”さんがくれたコメントを見たら無性に食べたくなってこちらへ
田舎っぺ (11)

『元祖田舎っぺさきたま古墳店』さん
田舎っぺ (12)

入口の脇には麺打ち室
田舎っぺ (13)

席はテーブルと座敷がある
田舎っぺ (14)

田舎っぺ (15)


店内には小鳥の鳴き声のBGM 和むわぁ~

「目に言う」を吟味してきの子汁の特大盛りうどんをオーダー
田舎っぺ (16)

程なくサーブ


「名物」 きの子汁 特大盛りうどん(もりの1.5倍) 840円
田舎っぺ (17)


麺はとても長い
田舎っぺ (19)

麺肌は粗く弾力が強い とても個性的な麺

確かにワイルドさを感じる麺だ


汁の中には椎茸と油揚げそしてネギ
田舎っぺ (18)

いずれも香りがいい

味は薄めであっさり味

卓上に七味唐辛子がマッチする

熱々で冷たいうどんに負けない温度


特大盛りはなかなか食べ応えがあった

ご年配の方は麺を減らしてオーダーするのも頷ける

最後は茹で湯割りで
田舎っぺ (20)

汁も飲み干した
田舎っぺ (21)
たまに食べたくなる『田舎っぺ』さんのうどん


「次回はなす汁にするか肉ねぎ汁にするか迷うな~♪」
田舎っぺ (22)




元祖田舎っぺさきたま古墳店

住所:埼玉県行田市大字佐間1502
TEL:048-559-2610
営業時間:11:00~15:00
定休日:無休

営業時間3時間の蕎麦屋(伊勢ろく)

2012.09

とても残暑が厳しい日のお昼頃

『伊勢ろく』さんに来た
伊勢ろく (11)

こちらはとても営業時間が短くハードルが高いお店だ
伊勢ろく (12)

入り口には麺打ち室
伊勢ろく (13)

暖簾を潜ると石臼がゴリゴリと音をたてて回っている
伊勢ろく (14)

伊勢ろく (15)

座敷席に座ってメニューを吟味して
伊勢ろく (16)

ざるそばの大盛り800円をオーダー


ざるそば大盛り 800円
伊勢ろく (17)


不揃いな蕎麦は長さが短い
伊勢ろく (18)
麺肌は粗く 食感はモチモチ

ほどよく弾力があって香りが良い


汁の濃さもいい塩梅
伊勢ろく (19)

海苔も期待通り香りが良い
伊勢ろく (20)

ただし慎重にワサビを添加しないと見た目以上に効く

最後は熱々の蕎麦湯割
伊勢ろく (22)

余韻を楽しんでいると次々にお客さんが入ってきたのでお会計をお願いして店を出た

ちょっぴり割高感はあったけど満足♪


「涼しくなったら鴨南蛮そばを頂きに来ようかな~♪」




伊勢ろく

TEL 048-554-6364
住所 埼玉県行田市深水町4-1
営業時間 11:00~14:00
定休日 土曜日
プロフィール

×GAKU×

Author:×GAKU×
昔は髪を腰まで伸ばしていたメタル野郎
今はブルースシンガーソングライター
南米の連中とチーム作ってフットサルやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヒット数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR